MENU

逆流性胃腸炎とはどんな病気なの?

スポンサーリンク

皆さん逆流性胃腸炎という病気をご存知でしょうか?
近年、患者数も増えており、メディアで取り上げられる事も増えたことで、ご存知の方も多いかと思います。
この逆流性胃腸炎とはどのような病気なのでしょうか?
この病気の特徴として、胸焼けが主です。
食事を食べ過ぎたり、ストレスによって、胸が焼けが起こります。
これは、ごく普通で誰にでも起こる症状です。
しかし、胃酸というのは、非常に酸性が強い性質を持っている液体です。
食べ物や、胃液が食堂を逆流して、食道の粘膜を刺激します。
このことにより、食道の粘膜を刺激して、胸焼けが起こります。

スポンサーリンク

また、みぞうちあたりに痛みや、違和感を感じたり、喉が焼けるような痛みをお越します。
喉の違和感として、食べ物を食べた際に、喉にひっかかるような、違和感を感じることがあります。
本来であれば、胃酸というのは、逆流しないものです。
これは、胃液が逆流しないように、弁が働き、しっかりと蓋をしているためです。
しかし、年齢を重ねることでこの弁の働きが弱くなることがあります。
また、ストレスを重ねることで、胃酸の量が増えることで、粘膜を痛めつけてしまいという事があります。
そのほかにも原因となるものはあるのですが、生活の中で、この病気を引き起こす、要因というのは様々あります。
まずは食事ですが、脂分の多い物をこのんで摂取すると言うことや、香辛料やコーヒーという刺激物を摂取するのも原因としてあります。
他には、腹圧を上げるという事もあります。
サラリーマンの方ですと多いのが、ベルトでお腹を締め付けている状態になります。
この症状で、前傾姿勢を取ると、腹圧が上がり、胃酸が逆流する引き金になります。
また、アルコールや、タバコといった嗜好品が引き金になっている背景があります。
そして、一番多い原因してはストレスではないかと思います。
ストレスの症状というのは、体の至ることころに症状を起こすのですが、胃腸には特に顕著に症状が表れます。
またこの逆流性胃腸炎の症状の怖いところは、慢性化すると言うことです。
特にストレスの場合には、この原因自体を改善しなければ症状が改善しないと言う事があります。

職場でストレスを貯めるという場合には、症状を改善するというのは、困難な部分があります。
また、慢性化することで、胃潰瘍やポリープが出来ることにつながります。
これは癌の原因としても上げれるので、非常に注意が必要です。
自分や周りの方に症状が見られる場合には、早期に医療機関での診察、治療と原因の解決に向けて努力をしていかなければいけません。

スポンサーリンク

 

逆流性胃腸炎について記事一覧

皆さん「逆流性胃腸炎」という病気をごぞんじですか?一時期メディアで取り上げられていたのでご存知の方も多いかと思います。この逆流性胃腸炎とは胃酸が逆流を起こすことにより食堂が炎症を起こす現象をいいます。炎症だけではなく、粘膜自体がただれることや潰瘍といったことも起きる病気です。また検査を行なって潰瘍やただれが発見されない場合は非びらん性胃食道逆流炎と呼ばれています。主な症状と言えば、胃酸が大量にでる...

近頃ではだいぶよく聞くようになった「逆流性胃腸炎」に関してですが、症状としてはどういったものがあるのか?説明をしたいと思います。主だった症状ですが、胸焼けが特に多く初期の症状としても挙げられます。またゲップの回数が非常に増えたりということがあります。またこのゲップにより嘔吐してしまうということがあります。症状が慢性化すると、食事のたびに嘔吐するということがあります。この逆流性食道炎ですが、慢性化す...

逆流性胃腸炎は胃酸が逆流することで食道の粘膜に炎症が起こって喉に痛みが出たり咳が出てしまったりすることをいいます。このような状態になってしまった場合には非常に効果の期待できる市販の薬が数多くあります。種類は様々で対処するアプローチも様々であるといえます。逆流性胃腸炎に効く市販されているものの種類としては代表的なものとしては胃酸の分泌を抑える方向の市販薬があります。この場合には即効性はなく、ある程度...

現在ではよく耳にするようになった逆流性胃腸炎ですが、特有の症状に関して知識を得ることは重要といえます。主要な症状についてですが、胸焼けがとりわけ数多く逆流性胃腸炎の初期症状として見受けられます。加えて逆流性胃腸炎のゲップの出現率がとても増加したりということが見受けられます。それに加えてこうしたゲップが原因で嘔吐することがあります。症状そのものが恒常化すると、食事するたびに嘔吐ということがあります。...

食べ物は口から入れた後、食道を通って胃へと運ばれていきます。食べ物はただ重力に任せて進んでいるわけではなく、食道は食べ物が逆流しないよう、ぜんどう運動を行って胃へと送り出しています。そのため寝転がっても逆立ちをしても、猫背になって食事をしても、食べ物は逆流する事なく胃へと向かっていきます。これは下部食道括約筋が門番のような役割を果たしているため、食べ物が入る時は門を開け、通過したら閉じる事で逆流を...

胃腸炎というのは原因が様々あります。その原因のほとんどといのは、「ウイルス性胃腸炎」と「細菌性胃腸炎」が割合を占めています。そして、ほかのも「ストレス性胃腸炎」や「アルコール性胃腸炎」と行ったものがあるのですが、上記に比べると割合は少ないというのが現状です。この胃腸炎の中で近年割合を増やしているのが「ストレス性胃腸炎」です!ストレス性胃腸炎と言うのは、他の原因あるウイルスや細菌とは異なり、原因が身...

逆流性胃腸炎は、胃酸過多によって胃酸が逆流し炎症を起こす病気です。症状は、胸やけ、吐き気、呑酸、腹部の張り、喉の違和感・詰まり感、胃もたれ、げっぷ、咳き込みや胃痛などが現れます。診断は、胃カメラで判断します。食道に炎症がみられる場合は、逆流性食道炎という病名が付きます。症状は、一つだけではなくいくつかの胃の不快感が現れますので、ぐっすり眠れなくなったり食べたいものが食べられなくなったりと精神的にも...

病気の中にはよく似た名前を持つものがあります。逆流性胃腸炎と逆流性食道炎も同じで、名前は似ているのに診断内容は異なり大きな違いを持ちます。逆流性という同じ名前から始まる2つの病気ですが、逆流性は通常ではありえない動きを指しています。口から入った食べ物は食道を通過して胃に運ばれますが、門番である下部食道括約筋の働きが弱くなると、しっかりと締めつけることができなくなるため、内容物や胃液が逆流する事があ...

何らかの理由で胃酸を含む胃の内容物が食道に逆流すると食道の粘膜が炎症を起こして逆流性胃腸炎を発症することがあります。逆流性胃腸炎を発症すると胸焼けや嘔吐、呑酸、嚥下障害などの症状が現れるようになります。これらの症状がひどい時はぐっすり眠れなくなったり、食欲が減退したり、気分がさえなくなったりするので日常生活に支障をきたすこともあります。逆流性胃腸炎の治療は薬物療法が基本ですが、胸焼けや嘔吐などの症...

逆流性胃腸炎は胃の内容物が食道に向かって逆流してしまうことです。胃の中身は食べたものだけではなくそれを消化するために酸性度の強い胃液が分泌されています。胃の壁は粘膜があるので胃液から守られているのですが、食道には粘膜がないので胃液にさらされるとただれて荒れてしまい、みぞおちのあたりが傷んだり吐き気、むかむかとした症状が引き起こされてしまいます。逆流性胃腸炎は食べるものやその量に大きく影響を受けるこ...

精神的ストレスなどが原因で胃酸が過剰に分泌され、逆流して炎症を引き起こす病気を「逆流性胃腸炎」と言います。逆流性胃腸炎の発症原因は精神的ストレスの他に、食べ過ぎによる胃酸の逆流を防ぐ胃の機能の低下、肥満から来る腹圧の上昇などが原因の場合もあります。逆流性胃腸炎の主な症状が胸焼けや咳、ゲップ、喉の痛み、不眠、酸っぱい胃液が急に上がってくる、などです。中には、胃酸により炎症が起きていても無自覚な患者も...

逆流性胃腸炎とは胃酸が食道を通って逆流してしまう病気です。症状としては主に胸やけ・ゲップ・嘔吐・背中の痛みなどが挙げられますが、典型的な初期症状は喉に痰が絡むような違和感・不快感です。かつては高齢者が訴える病気と考えられていましたが、ストレスの蓄積や食生活の欧米化などで、胃で食べ物を消化するのに負担がかかるようになり、近年では若い患者も増えています。逆流性胃腸炎は最初、風邪と間違われることが多いで...

逆流性胃腸炎と言うのは胃酸が大量に出ることにより(胃酸過多)食道が荒れてただれる炎症のことになるのですが、症状を緩和させるのは早期に逆流を止めることと、大量の胃酸の量を減少させる事が大事になっていきます。他の記事にも記載はしているのですが、薬自体は根本的な原因を治療するわけではないの症状を抑えることが出来ても、完治させることはできないと書いています。かと言って何もしなければ症状が悪化するだけですの...

逆流性胃腸炎の症状が重症化してくると入院になることも少なくないです。その期間は逆流性胃腸炎の症状で異なりますが、手術が必要だったりと治療内容によっては期間が長くなることも有り得ます。逆流性胃腸炎の症状が悪化してきている様子であると、念のために入院を勧められることもあったりします。検査入院だったりすると、検査や治療の経過などの結果次第では数日で退院できることもあります。逆流性胃腸炎で入院する費用は所...

逆流性胃腸炎が口臭の原因となったり、症状としてあらわれることがあります。まず逆流性胃腸炎とは、胃酸が逆流することが原因でもたらされる症状のことです。通常食べ物は食道から胃へ向かって運ばれますが、その際に下部食道括約筋という場所を通ります。通常の場合は、下部食道括約筋は閉じられていますが、食べ物が胃へと運ばれる際に開くという仕組みとなっています。逆流性胃腸炎になると、何らかの原因で下部食道括約筋が開...

食べたものが逆流してくる、胃液が出てきて不快感がある等の症状が見られた場合は、逆流性胃腸炎の可能性があります。逆流性胃腸炎は、食道と胃の境界である下部食道括約筋の働きが弱まり引き起こります。通常は食べ物が食道を通過して胃へと運ばれていきますが、下部食道括約筋の働きが弱まると、しっかりと締めることができなくなるため、内容物の逆流や胃液の侵入といった現象が起きます。また逆流性胃腸炎には胸やけやゲップ、...

逆流性胃腸炎の疑いがある症状が出ている場合には、他にも似たような症状の病気も多いので、逆流性胃腸炎の検査という考え方ではなく、胃炎や胃がんを含めた胃の状態と逆流性食道炎も疑った食道を内視鏡を使った検査を行う事になります。検査にかかる費用としては、当日の事前に行う喉や鼻などの麻酔と胃の働きを止める注射などの処置にかかる費用と実際に内視鏡の検査をする場合にも、検査以外の事を行えば料金は変わってきます。...

逆流性胃腸炎や逆流性食道炎といった病気になっている人が多くなっていますが、胃の入り口部分が緩くなっているような状態のために胃酸が逆流してくることが主な症状としてあげられます。この逆流してくる胃酸は酸なわけですから、当然不快感のある酸っぱい感じがします。このため胸焼けや酸っぱい感じで痛くなる事もありますし、就寝時などには逆流した胃酸が喉から鼻に上がってくる事もあります。当然鼻の痛みもあるので寝ている...

逆流性胃腸炎は、胃の中にある消化液の胃酸が逆流する事によって起こる病気であり、胃が炎症する事によって粘膜がただれたり潰瘍を生じる事によって起こります。逆流性食道炎の初期症状として、胸やけして胸や背中に違和感を感じたりげっぷが良く出るようになったり、お腹がはったり喉に違和感を感じたりします。逆流性胃腸炎になる原因には、胃酸過多や胃酸の逆流によるものや側道活核禁が緩む事によって起こるもの、年齢による胃...

逆流性胃腸炎は普段の食事を少し変えるだけで改善することができます。食べて良いものと駄目なものがありますので食事に制限があることにストレスを感じる人も多いのですが、バリエーションを増やしたり調理法を工夫するだけで食事を楽しむことができるようになりますし、調理の仕方次第では食べられるものも出てきます。ですから、食べることをストレスに感じるのではなく、できる範囲で楽しむことが大切です。中には逆流性胃腸炎...